ブログ|平和台駅の歯科・歯医者|松本デンタルオフィス

  • 平和台駅・松本デンタルオフィス・電話
  • メニュー
  • 各種保険対応
  • 急患随時対応
  • 電話予約制
  • 平和台駅・松本デンタルオフィス・診療日・診療時間

    ●診療時間

    診療時間
    午前:10:00~13:30
    午後:15:00~19:00
    ★:第2・第4日曜のみ診療
    休診日:水曜・祝日
平和台駅・松本デンタルオフィス・TEL 03-5920-4618
〒179-0085
東京都練馬区早宮2丁目17-43 ル・ボナール 2F

口臭のおはなし①

2018.04.10(火)

こんにちは、松本デンタルオフィスです!

 

皆さんは自分の『口臭』を気にしたことがありますか?

朝起きた時、緊張した時、お腹が空いた時など自分の口臭が気になったことがある人は、少なくないと思います。

 

 

今日は、その『口臭』の原因についてお話ししていきたいと思います。

 

①生理的口臭

最初に挙げた、起床時や空腹時、ストレスを感じた時などは、唾液の分泌量が減少します。

唾液には、お口の中を自浄する作用があるので、お口の中が乾燥すると口臭が強くなります。

こちらに関しては食事をしたり、水分を取ることにより唾液の分泌量が増え、口臭は収まります。

 

飲食物、嗜好品による口臭

タバコ、お酒、にんにくやネギなどにおいの強い食べ物を食べた時は、口臭が強くなります。

一時的なもので、時間が経てば収まります。

 

③心理的口臭

お口の中のトラブルもなく、実際に臭っていないのに自分自身で口臭があると思い込むのが、心理的口臭です。

 

④病的口臭

胃腸の不調や内臓疾患によるものもありますが、病的口臭の90%以上はお口の中に原因があります。

強い口臭を起こす原因として最も多いと言われているのが、舌苔です。

舌の表面に付着する白っぽい汚れで、口臭を引き起こす細菌やタンパク質を沢山含んでいます。

舌を綺麗にすると口臭も減少します。

次に多いと言われているのが、歯周病です。

歯周病によって炎症が起こっていると、口臭がひどくなります。

歯周病が原因となるものは、歯科で歯周病の治療を受ける必要があります。

 

今日は口臭の原因についてお話ししたので、次回はセルフケアについてお話ししたいと思います♪

 

 

 

 

 

知覚過敏について

2018.04.09(月)

こんにちは、松本デンタルオフィスです。

 

4月に入り、最近暖かくなってきたので冷たい飲み物や食べ物を食べた方も多いのではないのでしょうか?

冷たいものをお口に入れた時ピリッとした痛みを感じることがあれば、それは『知覚過敏』かも知れません。

知覚過敏が起きるのは、歯肉が下がり象牙質が露出した歯の根の部分です。

歯肉が下がり象牙質が露出してしまう原因はいくつかあります。

噛み合わせの異常、歯周病の進行、誤った歯磨き、加齢などが主な原因と言えます。

 

 

では、そういった知覚過敏になってしまった場合のセルフケアをご紹介致します!

 

①知覚過敏専用の歯磨き粉を使うこと

当院で扱っているものの中では、こちらのシステマセンシティブがオススメです!

 

 

硝酸カリウムや乳酸アルミニウムといった成分が含まれていて、継続して使うことで効果が現れます。

 

②軽い力でブラッシングをする

硬い歯ブラシでごしごし力を入れて磨いてしまうとエナメル質が傷付き、削られてしまいます。

歯ブラシは硬いものは使わずに、軽い力で磨くことを心がけて下さい。

 

 

患者様に合わせた歯ブラシ選びのお手伝いも致しますので、是非ご来院いただきお声がけください♪

 

③マウスピースをはめる

こちらは、歯科医院でマウスピースを作製する必要がありますが、歯ぎしりが原因で歯根部が露出してしまっている場合は、それ以上進行しないためにもマウスピースを使用することをお勧めします。

 

 

当院でもマウスピースを作ることが出来ますので、お気軽に相談して見て下さい♪

 

冷たい物も温かい物も美味しく食べられるよう日頃からケアをしていきましょう!

 

 

 

 

歯周病のおはなし

2018.04.03(火)

こんにちは、松本デンタルオフィスです!新学期も始まり、新しい環境でのスタートに緊張している方も多いかと思いますが、なんだか、ワクワクする季節ですね!

 

突然ですが…
みなさん、現在このような症状はありませんか??


このような症状がある方は『歯周病』になっている可能性があります!!😵
歯周病とは、歯の周りの歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に炎症が起こっている病気の総称です。炎症が歯肉だけに留まっている状態を「歯肉炎」といい、炎症が歯槽骨や歯根膜にまで広がっている状態を「歯周炎」といいます。歯周炎は以前歯槽膿漏と呼ばれていました。
歯周病の特徴は、silent diseaseと言われるように、痛みがなく静かに進行していくことです。腫れたりして気がついた時には歯を支えている歯槽骨まで吸収して、歯がグラグラしたり、ものが噛めなくなり、最後には歯が抜け落ちてしまいます。


また近年、歯周病が糖尿病などの生活習慣病と関連していることも明らかになっています。このように、歯周病はお口だけでなく、全身の健康の面からも予防が大切といえます。
今の状況を知る為に一度定期検診にいらしてみてはいかがですか??
未来の健康の為に、今から予防を始めましょう!

東京ドクターズの取材を受けました。

2018.04.02(月)

こんにちは、松本デンタルオフィスです。

 

先日、院長先生が東京ドクターズというポータルサイトの取材を受けました。

先生の治療方針や考え方が分かりやすく載っていると思います!

 

こちらから是非ご覧になって見て下さい♪

 ▷ 東京ドクターズ

親知らずのおはなし

2018.03.29(木)

こんにちは、松本デンタルオフィスです。

今日は 『親知らず』 についてお話ししたいと思います。

親知らずとは、10代後半から20代にかけて歯列の一番後ろ(8番目)に生えてくる臼歯のことです。

英語では、wisdom tooth と言いますが、親知らずの語源を知っていますか?

親知らずが生え始める時には子は親元を離れており、親が歯の生え始めを知ることがないということから親知らずと呼ばれているそうです。

 

 

そんな親知らずですが、日本人は欧米人に比べ顎が小さいため、生えてくるスペースが足りず横向きに生えていたり、斜めに生えてくることも少なくありません。

そうなると、歯磨きが難しくなり炎症が起きたり、親知らずだけでなくその隣の永久歯まで虫歯になってしまうのです。

そうなってしまった場合は、親知らずを抜歯してしまうことが多くなります。

抜いてしまうことで、そういった炎症や虫歯になるリスクはなくなります。

ただし、真っ直ぐきちんと生えており、上下の親知らず同士が噛み合っている場合など、歯として正常に機能していれば無理に抜いてしまう必要はありません。

また、骨に埋まっている場合や神経に接している場合などは、抜歯することのリスクの方が高いため、症状が無ければあえて抜かないという選択肢もあります。

 

当院では、レントゲンやCTによりしっかり診断した上で、患者様に選択をして頂きます。

今は症状が無くても、親知らずの周りに細菌が増殖すると炎症が起こって腫れたり、歯磨きがしにくいために磨き残しが出来てしまい、口臭の原因になってしまうこともあります。

一度お口の中のチェックにいらしてみて下さい!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
平和台駅・松本デンタルオフィス・PAGETOP